「殿下」147・148話更新しました。



東京の桜はすっかり見ごろを過ぎてしまい、お花見の後はこの後やってくる「即位の礼」と大型連休を待つばかりとなりましたね。

「殿下」4カ月ぶりの更新ですお待たせしました。というかブログ更新自体も2カ月ぶり?あいも変わらずの亀更新で申し訳ありません


この第2部で一番の懸案事項はシャーリーの死亡フラグの取り消しと、ロロの扱いでした。

あくまでスザク目線でルルの周辺に関してはスルーするという選択肢もあったのですが、それじゃあ「コードギアス 反逆のルルーシュ」じゃないよね。と、この2人をどうしようかと神根島でのスザクとゼロの対決を書いている頃から悩んでいました。(長いなぁ)

この「想いの力」の章はテレビシリーズからタイトルお借りしています。(他の章は漢字二字熟語で統一しています)
章タイトル通りいろいろな想いの力について書けたのではないかと、結構満足しています。
とはいえ、まだこの章完結していないのですが。(笑)
テレビシリーズでのこの回は、シャーリーのイメージがすごく強くて、なのでシャーリー目線での展開で進めてきました。
恋する乙女の大胆かと思えば突然消極的になってしまう、心情の変化を結構楽しんで書けました。
こんな風に彼女に入れ込んで書けたのも映画「興道」を見たからですかね。ルルと軽くお付き合いしているという設定のシャーリーのなんとも一途な姿が可愛かったので。
なので、三道+復活での彼女の扱いには今一つ納得いかないものがあります。まるで、「復活」のために彼女を生かしておいたみたいな感じで。
テレビシリーズでのシャーリーの存在は第二のユフィでしたし……ルルを追い詰めるための駒から、今度は生かすための駒への転換と都合よく使われてしまっているのが何となく可哀想で……

きちんと思いを告げさせることができたので、私的には大満足です。
シリーズ閲覧してくださっている方が楽しんでいただけることを祈ります。




コードE



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント