「鋼の錬金術師」に嵌りました



こんにちは。更新停滞させていてすみません。
遅れている理由はタイトルの通りです。




Amazonprimeの特典で、テレビアニメシリーズ全話が観れると知って、2003年の「鋼の錬金術師」2009年の「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」「鋼の錬金術師シャンバラを征く者」「鋼の錬金術師嘆きの丘の聖なる星」全部観てました。

前から気にはなっていたのですが原作読んでないので、(コミックスの1.2話くらいしか読んだことない)手を出していなかったのです。もっとも放送されていた時期は子育て奮闘中やギアスど嵌り中でしたので、落ち着いてみる気にもなれなったのですが。


2003年版は原作終了してないという事で、オリジナル展開で原作からのファンから賛否両論あったそうで、原作付きアニメの宿命を負わされた作品という認識。2009年版が原作準拠という予備知識だけはあったので、そういうつもりで見ました。
ここまで違うとむしろあっぱれじゃないか言うくらい2003年版は秀逸な作品だと思います。
設定の改変著しく、オリキャラありではありますが、コミックだけではなく小説版のエピソードも織り込みながらも、出てきたキャラを無駄なくほぼ全て主人公と絡ませ1つのストーリーを展開させ、メッセージ性もあり敵キャラも感情移入しやすい個性や背景もあって凄い引き込まれました。映画はテレビ版の続編になっていて、テレビシリーズ知らないとつていけないなーと思いましたが、とても面白かったです。
そのままの勢いで2009年版を見て愕然とした次第です。原作至上のファンが初めのテレビシリーズを観て嘆いたわけだと……
原作知らないので、本当はこういうストーリーでキャラの役割もこうだったのかーと感動しました。
同じタイトルなのに、全く違う作品観た気分です。
いや。「鋼の錬金術師」て、本当はこんなにすごい作品だったのかと中盤からドキドキしました。



エルリック兄弟では、兄貴より弟の方がお気に入りです。
口が悪くて喧嘩早いけれどめちゃくちゃ頭がよくて大人と対等に話ができ、情が深くて繊細な心を持ったブラコン兄ちゃん(どっかの誰かさんによく似てる)よりも、そんな兄ちゃんをしょうがないなーとまるで保護者のように守りながら、冷静で判断力に優れ、格闘においてはめちゃくちゃ強くて、普段は人当たりよく穏やかだけど、怒ると容赦がない性格のどっかの誰かさんみたいなアルフォンスが好きです。

おつむの中身がギアス脳ですので、どの作品でもギアスに置き換え変換ししてしまうのは性ですね。
特に2009年版は敵のホムンクルス側にセシルさんとロイドさんが常に行動を共にするキャラで出てましたから、2人のやり取りをギアスに置き換えて楽しんだりしてました。
「セシル君。これ食べてもいい?」
「ロイドさん。そんなもの食べたらお腹壊しちゃいますよ。」
「君の料理よりはましでしょう」
セシルの爪に貫かれてロイド1回死亡。みたいな(笑)←分かる方のみ

真理とCの世界の表現方法が似ているなーとか……

ギアスと違うところは、主人公が生きて未来へ歩いて行ったことですね。
それでも、その後の彼らの動向が気になるので、pixivで二次創作文漁ってます。




ギアスの方の更新もぼちぼち再開します。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント