万聖節に君と……

1日遅れのハロウインネタ?
present設定。




万聖節に君と……




万聖節。毎年11月1日に全ての聖人・殉教に祈りを捧げるカトリック系キリスト教の祝日である。諸聖人の日・ハロウマスとも呼ばれる。前日の10月31日はハロウイブとなりハロウィンの語源といわれている。




 10月30日。のどかな秋晴れの午後、ルルーシュとスザクが住まうログハウスのウッドデッキで午睡していたC.C.は、山道を登ってくる車のエンジン音で目を覚ました。
 街道から続く道からやってきたそのオフロードカーは、彼女の目の前で停車すると、中からルルーシュとスザクが下りてくる。
「何だ。出かけていたのか。」
「C.C.。いつ来たの?」
 車の中から何やら大きな荷物をいくつも出しながら、スザクが声をかける。
「ついさっきだ。」
「カギ。持ってなかったのか。」
 ウッドデッキにいる彼女に、家に入れなかったのかと気遣うルルーシュに、首を振って応える。
「あんまり天気がいいから、日向ぼっこしていただけだ。」
「それで、そのまま寝てたのか。猫みたいなやつだな。」
 軽い嫌味に肩をすくめる。
「それにしてもすごい荷物だな。
何をそんなに買い込んできたんだ。」
 ルルーシュの抱える袋を覗いて、C.C.は目を瞬かせる。
 袋の中にはゴロゴロと小さなカボチャがひしめき合って入っている。
「なんだ。これは?」
「見ての通り、カボチャだ。」
「そんな事は言われなくても分かる。
この大量のカボチャをどうするのか聞いているんだ。」
「全部、ランタン用だよ。明日は、ハロウインだから。」
「でかいの1つ飾れば十分だろう。」
「ここまで上がってくる山道にも飾るそうだ。」
 ルルーシュが少しひきつった笑みで答える。
「子供たちがお菓子貰いに来れるようにさ。」
「子供をここに呼び込むのか?」
「年に1度の子供の祭りじゃない。今までは他人を寄せ付けないための場所だったけど、もう、そうじゃなくなったから。」
 スザクがゼロを引退し、ルルーシュが長い眠りから覚めたその年のハロウイン。人としての生を赦されたスザクが、自ら望んだことだった。

「ハロウインと万聖節を祝いたい。」

「お前が、子供好きとは思わなかったな。」
「そう?動物とか小さい生き物は何でも好きだよ。」
「子供と動物は同類か。」
 ランタンにするためにカボチャをくり抜きながら、スザクとC.C.は言葉のキャッチボールを楽しむ。
 何をしているのか、猫のアーサーと犬のアレキサンダーが興味津々で寄ってくる。2人は、くり抜いたカボチャをおやつ兼おもちゃとして2匹に渡してやった。
 日がすっかり落ち、星が瞬き出す頃、ランタンが完成した。
「やれやれ。手や手首がガチガチだぞ。」
「ご苦労様。ありがとう助かったよ。明日までかかるの覚悟してたからさ。
あとでマッサージするよ。お風呂で温まって。」
 言いながら玄関を開けると、中から甘い香りが漂ってくる。
「ランタンは完成したのか。」
「うん。C.C.のおかげで、今日中にできたよ。」
「そいつは良かった。こっちもできたぞ。子供たちに配るクッキー。」
「ありがとう。うわあ。可愛いなあ。」
 テーブルの上には、カボチャやお化けなどの形のクッキーが何種類も皿に盛られている。
「うむ。味も良い。」
「あ。こら、つまみ食いするな。数が合わなくなるだろう。」
「では、他の種類も食べないとな。」
 しれっとした顔で、言い放つC.C.に、ルルーシュのこめかみがヒクヒクする。
「何かまだ作ってるの?」
 キッチンのオーブンで何かを焼いている匂いに、スザクが問いかける。そのタイミングで、オーブンがチンと音を鳴らした。
「ああ。今日の夕飯だ。カボチャのキッシュに、カボチャ入りミートパイ。パンプキンポタージュ。」
 煮えた鍋のふたを開けて、ルルーシュがクスリと笑う。
「カボチャまみれだな。」
「嫌なら食べなくていいぞ。」
「何言ってるの。食べるにきまってるじゃん。みんな美味しそうだよ。」
「“そう”じゃなくて美味いんだ。
誰が作ったと思っている。」
 慇懃な態度で言い切るルルーシュに、2人は顔を見合わせ苦笑する。
「はい仰る通り、失言でした。陛下。」
「よし。では、食べるとするか。」
 普段は二人の晩餐にC.C.も加わり、3人は久しぶりににぎやかに夕食を囲むのだった。



 その翌日のほぼ同時刻。玄関のノックに応じてスザクがドアを開ける。
「トリックオアトリート!」
 元気のいい声が六重唱で室内に響いた。ニコニコと笑いながら、すでにいくつもの菓子が入った袋を差し出す子供たちに、出迎えた彼らは目じりを下げる。
「6人……丁度だな。これで最後だ。」
 ルルーシュが、1人に1つずつクッキーをつめた袋を渡し、最後の1人の頭をなでてやる。
「良かったな。暗い森の中を頑張って来たかいがあったじゃないか。」
 魔女の扮装をしたC.C.が目を細める。その妖しげな表情に、最年長らしい少年がびくりと震えたかと思うと頬を染めた。
「全然怖くなかったよ。ランタンの灯りが綺麗で、それ見ながらここに来たの!」
「ヘンゼルとグレーテルになったみたいで楽しかった。」
 年少の男の子と女の子が、目をキラキラさせて言うのに、頭をなでながら頷いてやる。スザクは、満足そうな笑みを浮かべた。
「お菓子の家じゃなく、ただの木の家で残念だったな。」
 ルルーシュがすまなそうに言うのに、子供たちが笑う。
「それじゃあ。麓まで送るよ。おいで。」
 スザクが、普通のランタンに灯を点して子供たちを先導する。ルルーシュが彼らの最後について歩いた。
 二人の間で子供たちは、ガヤガヤともらったお菓子のことや、次に控えている感謝祭やクリスマスの事をはしゃいだ声で話しながら歩いていく。街道にたどり着くと、大きな声で礼を言い手を振って去って行った。
 楽しそうに帰っていく彼らを、スザクは目を細めて姿が見えなくなるまで見守っていた。
「子供たちが、あんな笑顔で日常を楽しめる世界を、お前が作ったんだな。」
 しみじみと呟くルルーシュに、スザクは首を振る。
「僕じゃないよ。世界中の大人たちが、作り上げてきた。大切なものを守るために……」
「ああ……」


 カボチャランタンを回収しながら家へ戻る。
 その道すがら、スザクはルルーシュに語り掛けた。
「明日。行きたいところがあるんだ。毎年、僕が行っているところ……一緒に来てくれるかな。」
「……教会以外に行くところがあるのか?」
「……教会にはいかない。祈りはいつも家で捧げていた。僕には、教会は敷居が高すぎる。」
「では…どこへ。」
 問いかけるルルーシュの目をまっすぐ見つめてスザクは言う。
「ユフィ……ユーフェミア様の墓。」
 ルルーシュは目を見開き息を呑んだ。
「万聖節はすべての聖人と殉教者に祈りを捧げる日。ユフィはブリタニア正教では大罪人で地獄の業火に焼かれ続ける悪人にされている。でも、そうじゃないことを僕と君は知っている。」
「ああ。そうなるべきは今のうのうと生きているこの俺だ。」
 眉根を寄せるルルーシュの頬にスザクの手が寄せられる。
「君を責めているんじゃないよ。あの時、彼女の側にいなかった僕にも罪がある。第一、あれは事故だ。」
 なおも辛そうな表情のルルーシュを抱き寄せて、スザクは言葉を続けた。
「僕は、ユフィこそ殉教者で、聖女だと信じている。11月1日は彼女のために祈りを捧げるんだ。だから──」
「ああ……そうだな。──今年は、2人で行こう。彼女に祈りを捧げるために。」
「ありがとう……」
 抱き合って佇む二人を、玄関先のカボチャ大王の側で魔女が静かに見守っていた。


「ここは……」
 11月1日。スザクが、ルルーシュを伴ってやってきたのは、彼の墓がある戦没者霊園だった。
 ナイトオブゼロ枢木スザクの墓の横に、小さな石碑がある。
 仰々しい墓碑銘のその墓の脇に、寄り添うようにあるその小さな石には、バラの彫刻が施されているだけだった。
「ユフィの本当のお墓は、コーネリア様の離宮の庭園の隅にある。ユフィの亡骸はエリア11で荼毘に付されて、遺骨が埋葬された。
ナイトオブラウンズになった時、コーネリア様の厚意で分骨して頂いて、自分の屋敷の隅にこの石碑を作った。ゼロになって、ここに移設したんだ。僕がいなくなった後、あの屋敷がどうなるか分からなかったから。」
「そうか……」
「これは……僕のエゴなんだ。
彼女には、『枢木スザク』の側で眠っていて欲しい。
未練がましいって笑っていいよ。」
 苦笑いを浮かべるスザクに、ルルーシュは小さく首を振る。
「ユフィも、お前の側で眠れて喜んでるよ。きっと……」
 彼の言葉に、スザクの笑みが柔らかくなった。
 白バラの花束を石碑に供え、手を合わせる。
「また、来るよ。」
 小さく呟いて立ち去ろうとするが、傍らのルルーシュはじっとその場に止まっている。
「スザク……」
 何か言いたげなルルーシュの肩をポンと叩く。
「車で待ってる。ゆっくりして来て。」
「すまない。」
 優しく微笑んで、スザクはその場を後にした。


「お待たせ。」
 車の運転席には、C.C.が座っていた。助手席に座ったスザクが首を傾げる。
「この席でいいの?」
「ああ。あいつが戻ってきたら、お前らは後ろに座れ。きっと、泣き疲れて戻ってくるぞ。」
「……そうだね。」
「お前こそ、今年はここでいいのか?」
 揶揄するような問いかけに肩をすくめる。
「今までさんざん泣いたからね。今年は、ルルーシュに譲るよ。」
 その言葉に、魔女はクスリと笑う。
「お前は、墓に参るたびに泣いていたからな。あの皇女とルルーシュと。」
「今年からは、もう泣かなくて済む。彼が側にいてくれるから。」
 2人、顔を見合わせくすくす笑った。
 スザクが、隣に座る彼女の手を握った。
「C.C.。今までありがとう。」
「何の話だ。」
「いつも、僕が彼女や彼の所に行くときには側にいてくれたろ?見守ってくれていて、側に君がいてくれてとても救われた。
泣いて、懺悔して……振り返ったら君がいた。だから、すぐに前を向いていられた。」
「私はルルーシュの共犯者だからな。あとから加わった共犯者のフォローも私の役目だろ?」
「ナイスフォローだったよ。」
 また、笑みがこぼれる。
「なあ。あいつ、いつ戻ってくると思う?」
「……少なくとも、日が傾くころには。」
「まだ、昼だぞ。」
「ランチとディナーが一緒になりそうだね。」
「ま。仕方ないか。」
 軽口を言い合いながら、彼が戻ってくるのを待つ。
 万聖節に君と……これからは毎年来よう。いつか、2人そろって笑顔で彼女の前にいられる日まで。
 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント