らくがき



突発ルルスザ短編
お久しぶりのPresent設定。2人が同居始めて間もない頃になるかな。
長文指向の私には珍しい短文というかポエム。
スザク目線で、スザクが乙女です。(笑)





夜が明けきらない時間にふと目が覚めた。
昨夜から空気がだいぶん冷えてきていたけれど、寄り添って寝ていても肌寒さを感じる。

となりに眠る人の安らかな寝息に、自然と頬が緩んだ。
君が目覚めてから初めての秋、森の中にあるこの家は、少し高い場所にあるから平地に比べると気温が低い。 
ベッドのすぐ上の窓のカーテンを少し開けてみると、ガラスが白く曇っている。

室内と外気の寒暖差で出来た結露が、まだ残っている月明りと昇りかけた朝日で、キラキラ光ってとても綺麗だ。

その結晶に指で触れてみる。
ひんやりとした感触を残してすぐに溶けた。

そのまま指を滑らせていく。
ガラスのキャンバスの上に、一筆書きの落書き。

自分で書いたそれに、1人でくすくす笑っていると君がちょっと目を開けた。

「どうした……?」
「ごめん。起こしちゃったね。」
「まだ、早いだろう。」
「うん。ちょっと寒くて目が覚めた。」
そう言うと、君は片腕を上げて僕を呼ぶ。
「こっちに来い。そのままだと冷えるぞ。」
「うん。」
僕が腕の中に潜り込むと、そっと抱き込んで温めてくれる。
「やっぱり……少し体が冷えてるじゃないか。」
「ごめん。ルルーシュも寒くなっちゃうね。」
「大丈夫。こうやっていればじきに温まるさ。」
「うん。」

すぐに微睡む。君の腕の中。

朝になっても残っているかな。窓の落書き。

君と僕の相合傘。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント